過去のキャッシング履歴は、何年間残るものなの?

ACマスターカード

アコムなどで審査を受けるとき、重要視されるのが過去のキャッシング履歴だと思います。キャッシングの利用歴があると、必ず履歴が記録として残ります。カタカナでキャッシングと言えば恰好はいいですが、平たく言えば、つまりは借金。イメージが良くないし、キャッシングの履歴なんてものは、できればさっさと消えてほしい、と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、残念ながら、そんなに簡単にはいかないのが現実です。キャッシングの履歴は、10年間、記録として保存されることになっています。例えばアコムでキャッシングの利用があった場合、その履歴は10年間残るということです。注意しなくてはならないのは、「契約時から10年」ではなく、「完済から10年」であるということ。つまり、返済し終わった日付から10年間記録が保存されるのです。

 

言い換えると、完済するまでに年単位の時間がかかっている場合などは、10年以上の長い年月にわたって、キャッシングの履歴が残ってしまうということになります。人生における10年という時間は決して短くはありませんね。ですから、「なんとか早く履歴を削除してもらえないだろうか」と考える方は多いことと思います。しかしながら、この保管期間は法制度によるものなので、変更するということはできません。また、履歴があるからといって必ずしも深刻になる必要もありません。

 

履歴が残ることは、一方で、利用者側に対する後日の保障が必要になったための意味もありますから、計画通りに完済していれば、社会的に信用がなくなるということにはつながらないからです。過去の借金の記録は残りますが、問題なく完済しているのであれば、返済能力を疑われることもなく、その後のローンや新たな借り入れに関する影響はありません。

 

もちろん、完済までの間に遅延があるようなら信用情報にはマイナスの要素になりますが、それであっても完済していれば問題は小さいと思います。たんにキャッシングの履歴があるということだけならば、マイナス評価にはつながりません。キャッシングの履歴は、各業者が個人情報として管理しているものですから、日常生活において、過去の借金について暴露されるということもまず、ないでしょう。

 

データはのこっていても、あくまでも今後の新たな消費貸借取引の参考にするためのものにすぎず、それ以外の目的で情報が外へ漏れ出すことは、まず、ないと思って差し支えありません。

 

履歴の残る期間は、各契約ごとに違う?

 

前述したように、アコムでのキャッシング利用履歴の保管は10年間保存となっています。しかし、これは、各契約ごとに10年間、という意味です。

 

もう少し具体的に例を上げますと、最初の契約で借り入れをして、完済してから、9年が経過したとします。
そうなると、後1年で、この契約に関する履歴は消去されることになります、が、この段階で新たな借り入れをアコムからした場合、またまた、そこから、新契約の完済後10年間は履歴が残ることになり、更に、前回の履歴も併せて保存されることになります。

 

10年間、というのは、「最後の取引完了から10年間」ということで、利用継続中は、別、ということです。
キャッシングの履歴は全てマイナスのイメージがあるかもしれませんが、繰り返し利用するという場合は、逆に信用が高まって、限度額をアップすることにつながる場合もあります。メリットもあるということは覚えておくとよいでしょう。

年会費無料の優れたクレジットカード!

アルバイト・主婦でもOK!!※一定の収入がある方

ネット・コンビニATMでもお金を受け取れる

海外でも利用可能なんです!

※最短即日入手可能!!
※アコム公式サイトからキャッシングの申込み時にマスターカード発行希望と伝えればOK!!


公式サイトへ


このページの先頭へ戻る